Monthly Archives: 1月 2012

とうとうやってきた娘の結婚式

 1月29日、東京の品川で長女の結婚式がありました。

 二人の働く会社は別ですが、ともに東京勤務ですので、東京での結婚式を私が勧めました。そして、会場や内容はほとんど娘たちに任せましたので、私と家内は電話で娘から聞かれたことに多少アドバイスしただけで、殆ど何もしていません。親としたら本当に楽で、和気あいあいとした“いまどきの結婚式”でした。

 会場が東京ということで、近い親せきやごく親しい娘の友人だけしかご招待できませんでしたが、娘がここに来るまでたくさんの方にお世話になってきたと感謝した次第です。実は、私の叔父・叔母や従兄などにも話していません。近いうちに報告するつもりですが、文句言われそうです。(本当にすみません。)

 長女は、熊本大学から東京の会社に就職、長崎を出て約8年になります。離れて一人暮らしをしていたので、結婚が決まりほっと安心した半面、県外の人と結婚するということは将来も帰ってこれないのかなと寂しい気持ちにもなりました。でも、子供が県外の学校に行くのを許した時点である程度覚悟していました。

 親としては、娘の幸せが第一ですので、これでよかったと思っています。

 今後、娘もいろいろなことに出会うでしょうが、嬉しいこともつらいこと悲しいことも本人が受け止めることです。親としてはそっと見守ったり、多少の応援することはできても、代わってやることはできません。遠くにいると尚更ですが、幸せを祈るばかりです。

 

  

明けましておめでとうございます。

 明けまして、おめでとうございます。みなさん、正月は如何お過ごしだったでしょうか? 

 弊社の正月休みは3日までで、4日が初出でした。当日は例年通り、スタッフ全員で挨拶を済ませた後すぐに初詣に行き、その後会社に戻ってすぐに解散しましたので、実質の営業は5日からの開始でした。今年もよろしくお願い申し上げます。

 さて、昨日は私がもう10年以上所属しているロータリークラブの「新年会」でした。

 この新年会は、毎年上西山町の料亭「富貴楼」で行われているのですが、毎年趣向を凝らした余興が楽しみの宴会でもあります。検番の芸子さんの踊りや三味線や太鼓が座に彩りを添え、宴会が盛り上がっている中、今年は派手に化粧し女装した中年の男性(仲間の人たち)がAKBの曲に合わせダンスを踊りました。

 みんなが笑いころげ「気持ち悪いぞ!!」などと応援の声を張りあげていました。職場に戻れば「社長」や「支店長」「所長」などと呼ばれる人たちが、みんなを喜ばせようと多忙の中練習し仲間に披露する余興ですので、当然宴会が盛り上がります。美味しいご馳走も相まって、酒が苦手な私にとっても楽しい宴会でした。