長崎市の賃貸物件探し、不動産の売買・管理は、よしひろ企画にお任せ下さい。

  • お問い合わせ・ご要望
  • Tel.095-827-5354

社長ブログ

  • 10月誕生日のスタッフ

    毎月スタッフの誕生日にささやかなプレゼントをさせてもらうのですが、男性には殆どがネクタイかシャツなどです。女性はいろいろで、シーズンによってスカーフ・マフラー・傘などや財布やキーホルダーみたいな雑貨が多いです。最近は服もときどきありますが、予算が限られているので選ぶのが難しいです。

    本人の希望通りとはいかないまでも、万一本人がほしくないものをあげても残念なのでできるだけ一緒に選んだりするのですが、プレゼントを選ぶのは男には大変です。

    しかしながら、スタッフがいて今の弊社「よしひろ企画」の仕事が成立してるわけで、みんなが生まれてなかったらこのめぐりあいもなく、仕事の仲間にもなってなかったと思うと、スタッフのご両親に感謝するとともに神様に”ありがとう”と感謝したくもなります。誕生日はそのおめでたい日です。“おめでとう”そして“ありがとう”

    写真は今月誕生日4名のうち3名が女性で、昼休みに他のスタッフとともにお祝いをしているところです。
    男性は?不公平?・・・いいえ彼とは誕生日の当日、一緒にプレゼントを選んだあとランチを食べに行きました(笑)

    center

    center

    center

    2017.10.31

    詳細を見る
  • 賃貸スタッフに「ありがとう」

    月初、冬のように寒かったのが急に春めいて暖かくなったら、ほとんどの桜が一気に満開になりました。6分咲きだった桜も、ほとんど青い葉っぱだけだった桜も、1~2日で一斉に満開になったようでした。と思っていたら、強い雨と風の「春嵐」であっという間に散っていきました。

    賃貸のご依頼も、3月は通常月の倍・3倍でスタッフはてんやわんやだったのですが、4月中旬に入り少し落ち着きを取り戻したようです。先月までは、毎晩9時や10時まで残って仕事をしてくれていたのが、みんな少し早く帰れるようになったみたいです。

    そこで、毎年のことながら、先月奮闘してくれた賃貸スタッフに感謝の思いを込め、ささやかな「食事会」をしました。その際、来週誕生日を迎える内田さんに誕生プレゼント(本人希望により、「日傘」になりました。)や入社5年目を迎えた池田さんへのプレゼント(2ヶ月以上経過しまっていたのですが、忙しくてこの日になりました。品物は「財布」です。)をしました。池田さんは、昨年結婚したばかりで春の多忙な時期を勤められるかどうか心配していましたが、ご主人のご理解とご協力のお陰もあり、立派に仕事をして結果も出してくれましたので、感謝とともにおおきな喜びでした。

    そして、昨年ご主人に不幸な事故があったにも拘わらず今年も頑張ってくれた日野さんにも、プレゼントをさせてもらいました。一番きつい時期なのに、二人の娘さんとともに頑張ってくれたことに感謝です。弊社に勤務して22年と9カ月になりましたが、彼女には「春ものスーツ」の進呈です。彼女にもまた「ありがとう」「これからも頑張って!!」とエールを送りたいです。

    また、他のスタッフ全員にも、心から「ありがとう」と言いたいです。まだ、春のシーズンが完全に終わったわけでなく、ちょっと一服と言う感じの食事会ですので、また無理をしてもらったり、頑張ってもらわなければならないのですが、いい仲間が集まったなと感謝しています。スタッフのみんな、これからもよろしくお願いします。

    すばらしい仲間とすばらしい仕事に巡り会えた喜びに、ありがたい神の采配を感じつつ、全てに感謝するばかりです。焼肉もとても美味しかった!! 牛さんも、ありがとう (笑)

    2017.04.13

    詳細を見る
  • がんばれ日本!頑張れ東北!!

    「東日本大震災」が起きてから6日目になりました。

    たいへんな被害に遭われた上に、原子力発電所の放射能物質漏えいおよび汚染の問題、さらに追い打ちをかけるような余震の連続、福島県はじめ東北のみなさんには、ただただ「頑張ってください。」としか言えず、少しでも状況が好転するのをひたすら祈るしかありません。地震と被害とその影響は東北だけでなく、関東にも大きかったようです。

    このような大きな災害を目のあたりにして、多少の寄付金や品物を贈ろうとするのは勿論のこと、誰しも「もう少し何かお役に立てないか?」「自分達に出来ることはなんだろうか?」などと考えるはずです。福岡の方が呼びかけたら、あまりもたくさんの方が町の一か所に救援物資を持ち寄り大騒動になったそうですが、集まった人たちの気持ちがよく分かります。今回の震災ほど、我々をそういう気持ちにさせるものはなかったのではないでしょうか。

    被災された方々にも、日本の多くの企業や経済にも、この傷や痛みは今からがもっと大きくなっていくのかもしれません。これは、その被害の大きさから考えると1~2年で解消できるものでもなく、5~10年以上かかるのかもしれません。でも、多くの方が言っておられるように、ここは日本人の持つ「底力」や「友愛のこころ」「和の心」を発揮するところです。こんな大きな困難だからこそ、日本人は心を一つにして乗り切っていけるのではないかと思っています。

    英国の新聞に一面トップの大見出しで「頑張れ日本!頑張れ東北!!」と掲載されていたということですが、海外のメディアや国民も注目もし応援してくれているようです。私達も九州から声を大にして言いたい・・・

    頑張れ東北、関東! 頑張れ日本!! 頑張れ日本人ひとりひとり!!!

     私も、弊社のスタッフも、それぞれは大したことは出来ないかもしれませんが「社会のため、みんなのために、ほんの少しでも何かできないか?」と考えて、わずかなことでも実行していきたいと思います。同時に、苦難に遭われた方に対し少しでも何か応援していきたいと思います。そして、この気持ちを今だけの一過性でなく永く持続させたいものです。

    3月17日  中村良一

    2017.03.17

    詳細を見る
Copyright c YOSHIHIRO KIKAKU Co,Ltd. All rights reserved.