長崎市の賃貸物件探し、不動産の売買・管理は、よしひろ企画にお任せ下さい。

  • お問い合わせ・ご要望
  • Tel.095-827-5354

社長ブログ

  • 賃貸マンション・アパート経営のヒント No.2

    「2008年9月で、マーケットの“潮目”が変わった」と言われます。アメリカ発のサブプライム問題から端を発した大不況は、いまだにその出口は見えません。一部では、不況を脱出しつつあると言われたりもしていますが、情報過多でありながらも、ある種の意図をもったニュースもたくさん流されていて、マスコミ報道もそのままは信じられません。

    そんな中、ユニクロやニトリが好調で、低価格だけど豊かさや満足感を持てる商品・サービスが売れているようです。今は、安いだけでは売れないし、「いいものを作ればお客さんがくる」わけでもありません。しかし、やり方や工夫次第で、こういう時代でも“売れる”ということでしょう。

    賃貸マンション・アパート経営も供給過多の時代に入り、空室が目立つようになりました。多くの家主さんが「どうすれば満室にできるか?」「どうすれば利益率があがるか?」「どうしたら資産価値を減らさず、長く稼働できるか?」などと考えていらっしゃることと思います。

    そういう中で「一番の空室対策は、現在の入居者が満足して長く住めるようにすること」だと言われます。されど、されどです。家主さんとお話していて、危機感を本当にお持ちなのか、時折疑問に思うことがあります。“借り手市場”になった現在でも、“売り手市場”のときのような感覚が抜けていない方、経営者としての自覚があまりない方などがときどきいらっしゃいます。また、いまだに入居者を「お客様」と考えられない方も数多くいらっしゃるようです。

    そういう方については、この大きな変革の時代、今までの意識を変えることが一番重要かもしれません。誰にとってもそれは「言うは易く、行いは難し」で、かく言う私もそうなのですが・・・

    例えば①物件を「商品」と考え商品価値を上げる工夫をする。②入居者を「お客様」と思い、大切にする。③不動産会社を「経営のパートナー」と考え、良い業者を選択する・・・など当たり前のことで、みなさん“自分は大丈夫”と思われているかもしれませんが、その他も含め今一度じっくり再考していただいても損はないかもしれません。

    2009.10.14

    詳細を見る
  • 「おくんち」でみんなそわそわしています。

    非常に強い台風18号は九州には上陸せず、紀伊半島の方から本州縦断の模様です。本州の方にとっては今心配なところでしょうが、長崎市では秋の大祭「くんち」が昨日から始まっており、関係者の方はじめたくさんの氏子は台風の影響がなくてほっと胸をなでおろしたことでしょう。

    この「くんち」の説明を書くと延々と長くなりますので省略しますが、踊り町(踊りやだしものを提供する町、旧町名で77ヵ町あり7年に1度奉納)のある長崎市中心部に弊社(長崎中央店)が所在するため、昨日今日と三味線や鐘、笛、太鼓の音(だしものの演奏)がしょっちゅう聞こえ、その度にスタッフのほとんどが店頭に飛び出します。

    というのは、“庭先廻り”と言って、“だしもの”と先導役や世話役の人たちが一緒に各町を廻っていくので、音が聞こえると近くに“だしもの”が来ていると、みんなそわそわして落ちつかなくなるわけです。今年は6ヵ町が「踊り町」として参加していますが、「傘鉾」「本踊り」「龍踊り」「川船」「唐船」「宝船」など多彩な“だしもの”があり、その中に知人や友人が参加していたりしてるので気になることしきりです。

    その「おくんち」も明日までです。今日は秋晴れでしたが、明日もこういう天気だといいですね!

    ところで、本州に抜けた台風18号はどうなったでしょうか?被害が少なければいいですが・・・

    2009.10.08

    詳細を見る
  • 賃貸マンション・アパート経営のヒント No.1

    一時期「勝ち組」と「負け組」という言葉がよく使われていましたが、個人でアパート・マンションの経営をしている人の9割以上が失敗しているとも言われます。

    バブル経済の崩壊に続き、100年に一度の不況、賃貸オーナーに不利な法令の改定や消費者保護法制定、変化しつつある最近の裁判所の判例、変わってきた消費者(入居者)意識の変化と要求、モンスタークレーマーの増加、そして、人口減少など、あげたらきりがないほど次々と賃貸オーナーに厳しい環境が出てきています。そこで、アパート・マンションの賃貸経営が思い通りにいかないとか、困った問題に直面しているというオーナーが数多く出てくるのも当然と言えます。我々も、そんなオーナーのお役に少しでも立ちたいと考え、日々努力しているところです。

    でも、今の時代“厳しい状況”は総べての業界に言えることでしょうし、これからは、何事も新しく作ったり始めたりするときよりは、むしろスタートしてからの研究や努力で結果が変わってくるのかもしれません。少し大げさに言うと、賃貸経営にも「経営戦略」が必要になってきたということでしょうし、オーナーは日々の変化に対応できるよう、できるだけ信頼できる専門家やアドバイザーなどのブレーンをつくる必要があるということではないでしょうか・・・

    ところで、弊社賃貸スタッフにおきまして東京・大阪などで開催される勉強会やセミナーに何度も参加したり、県外の成功している不動産会社や物件を見学させてもらっているのも、前述の理由によるものです。賃貸経営オーナーのパートナーとしてアドバイスさせてもらったり、提案させてもらうには、世の中の動きとそれに対応するアイデアも常に学ぶ必要があると考えているからです。                                      ・・・と社長の私は真面目に?考えていますが、一緒に同行するスタッフは物見遊山に出かけて行く気分が少しあるのかな?いや、半分以上・・・?

    このブログでも時々は、オーナー様の経営のヒントにでもなるような話ができないかなと思い、今日の表題をつけてみましたが、本当にお役にたてるのか、今後どういうふうに続くのか自分でも分かりません。

    2009.10.05

    詳細を見る
Copyright c YOSHIHIRO KIKAKU Co,Ltd. All rights reserved.