長崎市の賃貸物件探し、不動産の売買・管理は、よしひろ企画にお任せ下さい。

  • お問い合わせ・ご要望
  • Tel.095-827-5354

社長ブログ

  • 「ドラッカーの言葉」と「ニーチェの言葉」

    あけましておめでとうございます。

    昨年義父が亡くなりましたので、まことに勝手ながら個人的なご挨拶や年賀状は失礼させていただきました。遅ればせながら、今年もよろしくお願い致します。

    ところで、先日の日経新聞一面左上の“三度目の奇跡”コーナー➉に、各地に広がるシャッター商店街の事が書いてありました。個々の既得権が、地域や全体の変化や発展を阻んで、「明治維新」や「戦後の高度成長」の2度の奇跡に続く3度目の奇跡をなお難しくしているという内容みたいですが、そこに“ドラッカーの言葉”が引用されています。単なる言葉というより、予言というか警告なのでしょうが・・・

    その一部は「高齢化と世代間移転で積み上がった年金資産は最大の既得権であり、目減りすることを嫌う。」ということで、これが経済の活性化や若い事業を難しくさせるというものです。その内容は新聞を読んでもらうとして、最近このドラッカーが注目されているようです。私も、昨年春でしたか、取引先の人からドラッカー名言集「仕事の哲学」という本をいただき読ませてもらいました。時代を的確に見据えるとともに、人やその組織の事をよく知り洞察した思想家の言葉は、どれをとっても身に沁みるものがありました。

    そして、その本を読んだ後すぐに自分で買った1冊が「ニーチェの言葉」ですが、正月本屋さんに行くと入り口付近のゴンドラにたくさん積んであり、ベストセラーになっているみたいです。これも昨年一気に2~3日で読み通したのですが、正月からもう一度読み直し、なおかつこの数日数ページずつ読み返しています。何度読んでも、哲人の教えは心に沁みます。気づかなかったことを気づかせ、分かっていることでも再認識させてくれますし、志を高くしてくれるような気がします。

    今年はただ読むだけでなく、自分への「励ましの言葉」として、自分を見つめ直しつつ少しでも日常や仕事に活かしたいですね。いや、今年は是非活かします。・・・(笑)

    2011.01.13

    詳細を見る
Copyright c YOSHIHIRO KIKAKU Co,Ltd. All rights reserved.