マイホーム購入ワンポイントアドバイス

「持ち家」と「賃貸」のとちらが得なのかは、その人の暮らし方や考え方によって変わってくると言えます。そんなお悩みもお気軽のご相談ください。

【マイホーム購入ワンポイントアドバイス】説明画像

Q1.住まいは「買った方がトク」それとも「借りた方がトク」?

自由に引っ越しが出来る気軽さを優先させる人であれば、いったん買ったら簡単には買い換えられない持ち家よりも賃貸にした方が暮らしやすいでしょうし、同じ家賃を払い続けるなら、いずれは自分の財産になる方がよいと考える人は持ち家でしょう。ただ、賃貸派の中には、マイホームを買いたいが頭金が少なく、しかも長期間にわたる借金を抱えるため、事故・病気やリストラ・倒産などの不安であきらめている人もかなりいらっしゃるのではないかと思います。

しかし、仕事を失っても住まいが必要な事には変わりありません。家賃と月々のローン支払に大きな差が無いのであれば、買った方がむしろ安心とも言えるのではないでしょうか。しかし、住宅を購入することのメリットとデメリットを十分検討し、自分や自分たち家族にとって今は「買った方がトクか」「借りた方がトクか」をよく考えてみたうえで決断されたらいかがでしょうか。

住まい購入の知識

Q2.住宅を購入する場合、頭金や諸費用はどれくらい必要?

住宅購入時に必要な頭金・諸費用
契約時印紙税1,000万円超~5,000万円以下の場合/15,000円
仲介手数料400万円超~の場合/売買金額の3%+6万円
ローン契約時融資手数料住宅金融公庫の場合/46,500円
ローン保証料借入額や借入期間によって異なる
印紙税借入額によって異なる
団体信用生命保険料1,000万円の場合 28,100円
火災・地震保険料保険金額によって異なる
登録・引渡登録免許税土地、建物評価額によって異なる
登記手数料土地、建物評価額によって異なる
入居後不動産取得税入時のみ(不動産評価額から割り出す)
固定資産税毎年支払う
都市計画税毎年支払う

Q3.失敗しない住宅購入のワンポイントアドバイスは?

1.物件の情報収集

物件を探すには、何の予備知識もなしで見に行ってもなかなか物件が絞れず、かえって時間がかかることも考えられます。それどころか不動産会社の営業トークに乗せられて、あまり自分にふさわしくない物件を契約させられてしまうとも限りません。やはり実際に現地に行く前に、情報収集からスタートすべきでしょう。

《情報の収集方法》
  • チラシから集める
  • 住宅情報を読む
  • 不動産会社に問い合わせる
  • パンフレットを取り寄せる
  • インターネットで不動産会社のホームページをチェックする など

2.不動産業者の選択

営業マンの態度や人柄・物件の説明が十分出来るか、電話での質問にも気持ちよく答えてくれるか、購入後のアフターフォローも十分に対応してくれるかどうかなど、営業マンとの普段の何気ないやり取りの中で見えてくる、不動産業者のお客様に対する姿勢も要チェックです。

3.不動産業者に連絡(案内や資料の請求)

物件そのものの仕様・概要もですが、近隣の概要などもチェックする必要があります。

  • 交通手段 時間を計る
  • 駅やバス停などから物件までの時間
  • 通勤・通学の交通手段
  • 自動車での所要時間
  • 地域環境 足を運ぶ
  • スーパーや商店街の位置
  • 緑地や公園の有無
  • 病院や学校の所在地